読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生懸命!!


 
 
 

いいことだと思いませんか?

 一生懸命生きる

 強く生きる。

 ひたむきに生きる。

 プラス思考で生きる。

 これが、いいことだ。

 とにかく「一生懸命頑張るのはいいことだ」という方程式が

 よく言われます。
 色々な人生本にも書いてありますけど、
 あなたはどう思いますか。

 確かに、一生懸命何か目的に向かってひたむきに

 走っている人の方が、好印象です。

 文句を言いながら、そこらじゅうにツバ吐きながら

 のろのろ走っている人よりも、すてきだし、魅力的に

 感じます。

でも、この人が、なぜ走っているでしょうか。

 パトカーに追いかけられて、ひたむきに走っていると

 したら、すてきでしょうか?

 『下着泥棒待ちなさい!』

 と言われても、ひたむきに走っている。

 『何だ。かっこいいと思ったのに』

 とがっかりしないでしょうか。
 

 目的地はどこか聞いたら、

 『公園のトイレ』と言われたら、

 「なあんだ」と思います。
 

 一生懸命ひたむきに走っている姿だけ見たら、

 すてきだと思いますが、一体どこへ向かって、

 どういう意味があって走っていたかを知ると、

 がっかりしてしまいます。

 
 逆に、子供が車にひかれそうだから、

 それを救う為に走っているとなったら、かっこいいです。

 だから、ただひたむきに走ることが
 すてきではないのです。

 問題は、ひたむきに、何を目的に走っているのかということが、

 その人がかっこいいか、がっかりするか決まるのです。

 強く、前向きに、ひたむきに、どこへ向かって生きるのか。

 これが、一番問題ではないでしょうか。

 「千円札は拾うな」(安田佳生
には、

 「勤勉は悪、努力は報われない」と

 次のように書かれています。

 日本人は、頑張るのが大好きだ。

 人には何かにつけて「頑張ってください」と言い、自分でもすぐ

 に「頑張ります」という。「勤勉は美徳、努力は必ず報われる」

 という慣れ親しんだ言葉を、どこか心のよりどころにしてしまい

 がちである。

  だが、何をどう頑張ることが必要なのか。それをきちんと理解

 し、実行しているか。大切なのはそこである。

 そもそも、頑張るのは、一見しんどいように見えて、実はそれほ

 ど苦しいことではありません。

 何も考えなくてすむからです。

 

ある本に書いてあった言葉です。

頑張ることは簡単だ。

いかに目的意識をもって頑張り続けるか今の仕事でなりたい自分になるために将来の目標地点を定めてるのか。

現在地を知り目標地点を知ること。

頑張り続けることって難しいですよね。( ;´Д`)

でもそれが成長するってことだと思いますしー

みんなはなりたい自分もってますか?