読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

責任

本日の学び
ご縁をいただきお会いさせていただいた方より貴重なことを
学ばさせていただきました。

責任とは、
1 立場上当然負わなければならない任務や義務。
「引率者としての―がある」「―を果たす」
2 自分のした事の結果について責めを負うこと。
特に、失敗や損失による責めを負うこと。

責任(せきにん、英: responsibility)とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたこと の原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、法的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。 何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。

辞書にて上記のようにでてきます。

例えば会社で問題が起きて私が責任をとって辞めますなど、
よくきく場面があると思いますが実際これは責任をとっているのか?

本質的には、まったく責任をとったことにはならなく

問題を放棄しているだけなのである。

問題に対して自己が反応しとるべき対応をとり結果として示すことなのだ

お話しを訊かせて頂いてる時から今まで
己がとるべき責任とはなにかとずっと考えてる中でかたまったことがあります。

今まで出会った方々からいただいた気づきをこれから出会う人へ発信していくこと
会社をしっかり存続させ雇用を生み社会に還元していく
社会ももっと協調性で繋がる様にしていきたい
だからこそ環境を想像し創造する。
まずは、身近な周りで話を作り輪を創り和を創る

探求・追求

死ぬまで仕事《人に仕える奉仕》して動きまわろう